きものアフターケア診断士のいる店
丸豊独自の着物クリーニング

  • 熟練職人が着物の状態に合わせて「手洗い」
  • 着物にもっとも優しい「自然乾燥」
  • ふっくらと仕上がる「手仕上げ」!

他社ご購入の着物や帯も当店でお手入れが可能です。

熟練職人の手洗いで貴女様の着物がよみがえります!
貴女様の着物の汚れやお手入れで気になること、お悩みがありましたら、すぐに丸豊へご相談下さい。
丸豊には着物お手入れのプロ「きものアフターケア診断士」がいます。
着物のお手入れに関するすべてのお悩みについてご相談が可能です。ぜひご利用ください。

丸洗いのこだわり

手洗い

手洗い

手洗いの作業前、着物がクリーニング溶剤により色落ち・金箔落ちなどの現象が起きないか部分的なテストをします。ドライクリーニングの前に、袖口や衿、裾など汚れやすい個所を特殊なブラシで手洗いします。着物の種類・状態に合わせてブラシの加減をみます。
汚れのあるところだけでなく、汗・ホコリなどを吸収している可能性のあるところは、すべて丁寧に不純物をもみだします。
丸豊では、クリーニング溶剤で落ちる汚れはすべて手作業にて落としていきます。
最も重要な工程の一つとして考えています。

自然乾燥

自然乾燥

丸洗い後、専用室にて乾燥させます。ここは、一年中24~26度の温度設定をされており、低温で一昼夜、ゆっくりと乾燥させます。干す際には、着物の形を崩さないように一枚ずつ物干し竿に吊るします。そうすることで溶剤などの匂いを完全に飛ばし、ふわっとしたソフトな仕上がりに近づけます。また、24~26度の温度と、あえて低温に設定しているのは、乾燥のための他、この温度が着物にとっても優しいからです。
丸豊では、この乾燥の工程にも手を抜きません。

手仕上げ

手仕上げ

汚れ落としの工程をすべて終えた後は、仕上げになります。専用のアイロンにて着物のシワが残らないよう、丁寧にかけていきます。
仕上げは、着物に直接アイロンをあてるのではなく、1~3センチと紙一重の距離を保ち、蒸気の熱で形を整え、着物に本来の風合いとふくらみを甦らせます。
更に、他社ではあまり行わない裏地のプレス仕上げも。
この手仕上げで、風合いが決まるため、当店では熟練者のみが対応しております。

もっとキレイに、もっと長持ちに・・・

シミ抜き、黄変抜きなど

シミ抜き

丸洗いで落ちないシミや黄変などは、それぞれシミ抜き・黄変抜きを行います。
よく、シミ抜きをしたら、穴が開いてしまった、との話を聞きますが、これは着物の状態に合わせて処置をしていない証拠なのです。
シミ抜きや黄変抜きは、着物の状態とシミ・黄変の状態を見抜く「目」と「経験」が必要です。
丸豊では、熟練のベテラン職人のみが携わり、着物の状態に合わせた仕事を心掛けております。

汗抜き

汗抜き

意外に大切で、見落とされるのが汗抜きです。着物は湿気に弱く、汗にも弱いのです。
干せば湿気は取れますが、汗の成分である塩分やアンモニアは残ってしまうため、放っておくと変色や生地の変質を招きます。
汗は水性のため、ドライクリーニングでは落ちなく、汗抜きを行う必要があります。高圧蒸気をかけて、繊維に染み込んだ汗を弾き飛ばします。
特に、肌に近い長襦袢などは、汗をかいた時にはぜひ汗抜きを行っていただくことをお勧めいたします。

洗い張り

洗い張り

丸豊と他社様との大きな違いは、この洗い張りかもしれません。通常、洗い張りは1回の洗いだけで済ますところも多いのですが、当工房では2回洗い張りをしています。
まず、1回目は洗い台の上で油性溶剤にて手洗いし、次の水洗いの公営で水・ソープの浸透を妨げるような油性汚れを取り除きます。ここで一度乾燥させます。
そして、本来の洗い張りの工程である「水洗い」となります。着物の汚れの状態・染色・加工の状況により、水洗いの時間を調節して行います。
洗い張りは、一度着物を解いてから洗う工程のため、再度仕立てなければならないこともあり、加工代としては高価になります。
しかし、着物のためには、また着物を甦らせるためにも、頻繁に着用された着物は洗い張りをされることをお勧めしたいものです。
ぜひ、丸豊の洗い張りを、一度お試しいただき、その仕上がりをご確認ください。

丸洗い価格表

振袖、留袖(比翼付き)など6,120円(税込)
訪問着、付下げ5,440円(税込)
小紋、無地、喪服、コート、長襦袢など4,760円(税込)
帯全般(袋帯、名古屋帯など)3,400円(税込)